ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムビルドファイターズが面白い

お久しぶりです。

最近は 「何しよう何やろう何かやりたい」 と考えるばかりで
観るアニメの本数がグッと減ってしまい寂しいです。

今期は 「ガンダムビルドファイターズ」 にハマっております!

これまで宇宙世紀などを舞台に戦ってきたガンダムシリーズですが、
今作はプラモバトル!ということで自分で組み立てたガンプラを操縦するというお話

ビルドファイターズには数々のガンプラが出演しますが
カラーリングの塗装はもちろん、プラ板でのミキシングなどを行った期待も多数登場!
主人公が使う機体も市販のガンプラをベースに設計したオリジナルということですごい!

自分も趣味でガンプラを作っている者なのですが、すごくモチベーションが上がります!
こんなアニメ待ってました!(アニメでは 「ビギニング」 というのもありましたが...)

そしてこれからもビルドファイターズはプラモデルとしてもリリースされていくということで
現在HGで発売中のビルドストライクなどをはじめ、MGキットも発売予定というニュースも

早いもので 「ウィングガンダムフェニーチェ」 の発売がとても楽しみですね
時間があればアニメにてキララが使用していた 「ガーベラテトラ」 なんかも
ピンクの専用機に塗装しようと考えております!

このブログではあまり話題にしたことのないガンプラネタではありますが
個人的には今回のイベントで発表された 「HGUCドーベンウルフ」 「HGUCドライセン」 の
2機体が非常に楽しみ!どちらも期待に期待をしていた機体なので...

2014年のガンプラライフは充実したものになりそう! それではまた

スポンサーサイト

| ちはや » アニメ感想 | 21:35 | comments:467 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 ドキドキ!プリキュア 観てきた

『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス』

2013y11m06d_235735693.jpg

先日、野郎3人でようやく観に行きました。

毎週日曜の放送ではオープニングに映画のデモが流れるので

そんな誘惑も断ち切り、いかに早く観に行くかが大事で。

時間ができたので観に行ってきましたお。


恒例の感想的なやつ (ネタバレ多少あり)



≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 23:54 | comments:409 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「翠星のガルガンティア」 やっと観終わったよー!

HDD消化大作戦その1として 「翠星のガルガンティア」 観終わりました。

翠星のガルガンティア

・背景、キャラデザと、とてもキレイで絵を見ているだけでも満足した作品。

・杉田智和さん演じるチェインバーも面白おかしくて、人々との関わりあいにほのぼの

・脚本も虚淵玄さんが担当しているということで、毎週楽しみな作品でした。

・鳴子ハナハルさんが担当されているキャラクターデザインが大好きで、
 褐色娘なエイミーと巨乳!おっぱい!快楽天ちゃんサーヤがすっごく好きです!
 ぶっちゃけエイミーもサーヤもメルティもベローズもみんな好きで、久しぶりに女の子が
 肉感的に描かれてて、話が頭に入らないくらいビビっと!きました。

・エンドカードを描いている作家さんたちが豪華な面々でお世話になった方も多いと思われ

・最終話エンドカードでの石恵先生に思わず・・・おっ!てなりました。
 見切れた部分はどうなっているのか予想するスレも面白かったですね。

Bule-rayは買おうか検討しております。なんだかんだあのストーリーと
綺麗なグラフィックに惹かれてしまい、時間がたった後にも見直したい作品だったからです。

仕事&疲労で観たいのに避けてしまう録画・・・癒されてたころもあったけど本当早く観よう。

ありがとうございました!

| ちはや » アニメ感想 | 23:57 | comments:473 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主題歌で振り返る秋アニメ評価やらなんやら 2012

主題歌で振り返る秋アニメ評価やらなんやら 2012

もう新年で1月なのですが、今週からいろいろと新アニメも放送を始めている頃でしょうか。
書き忘れていたのでいまさらながら秋アニメの総評を・・・といってもごくわずか。
『ジョジョと奇妙な冒険』 がスタート!いきなりぶっとばした安定した面白さと熱いバトルが良い!
そして 「少女マンガ」 ジャンルが多かったような秋。これからも増えるといいですね。

良かった主題歌とともにアニメを振り返ります。そして毎度のことですが

私の独断と偏見で書かせていただきます。共感してくださる方々がいらっしゃれば幸いです。


良かったオープニングテーマ

ジョジョ~その血の運命~

富永TOMMY弘明


雰囲気だけでも異色を放っていたような印象。また王道オブ王道な印象も受けました。
その世界観はあっという間に人気に火をつけましたね。(個人的にはカラオケの定番に)
ボーカルの声量もさながらサウンドもとってもカッコよくて気合が入るオープニング曲です!

週刊少年ジャンプにて連載されていた大人気漫画がTVアニメ化!
名作だけあって、動きのあるアニメになってもやはり面白く1部完結まで飽きることなく、
2部に突入しても戦いの熱さ、面白さも変わらない出来!どんな強敵にも屈せず!
勝利の道を切り開いていくジョジョ!野望のために人間を辞めてしまうディオ など
どんどん進んでほしい、あわよくば長編でアニメ化してほしいところです。

SELF PRODUCER

茅原実里


TVアニメ 『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』 のオープニングテーマ主題歌で
茅原実里さんの16枚目のシングルにもなっている曲。茅原さんのファンということで
過大評価なところもあるのですが女の子らしさを感じ、キャッチーで可愛らしい曲に
仕上がっていました。茅原さんが出演するPVでは様々な衣装を着て七変化を見せていたのですが、アニメのOPは本編前にすごくエロいことで噂になっていました 笑
「擬似~!」「擬似~!」でエロすぎwww

しかし曲は女の子の心意気だとか、形にする表現がアニメの題材にも合っていたかな。
という印象で。CDも買いましたがとても良い1枚でした!

秋人とその双子の妹、秋子は極度のブラザーコンプレックス!恋愛感情まで抱いている。
そして次から次へと秋人の前に現れる刺客たち! (ヒロイン) やっぱりハーレムアニメにw
個性的な女の子がたくさん登場し、秋人の朴念仁ぷりに嫉妬するアニメでご ざ い ま す 笑


良かったエンディングテーマ

夢ぐも

marble


TVアニメ『ひだまりスケッチ×ハニカム』 のエンディングテーマに起用された曲。
『ひだまりスケッチ』 第1期のエンディングから4全シリーズを担当してきたmarbleの曲。

前回の 「さくらさくら咲く~あの日君を待つ空と同じで~」 も良かったのですが、
似たような雰囲気を持ちながらも夢を抱いて弾むようなメロディとボーカルの
爽やかで透明感のある歌声が印象的です。印象的なパートはサビの部分で、
細かく綴られた歌詞も丁寧に優しく歌っていくところが好きです。

アニメもシリーズを通しても安定していて、6人の日常をほのぼのと描いていて
アットホームな感じもあり、リアルに季節、月日を進めているだけに
いつまでも続いてほしいなと思う作品。

Alicemagic

Rita


TVアニメ 『リトルバスターズ!』 のエンディングテーマ起用された曲。
オープニングテーマ 「Little Busters!」 と同じく原作ゲームのもののアニメ版アレンジ
5年の歳月を経てRitaさんの歌声が復活!といったところ。ロックなアレンジと
力強いRitaさんの歌声が良くて人気ゲームの主題歌ということで取り上げていたように
やはりメッセージ性のある歌詞は良いものでしたね。

原作さながらの勢い、そしてシリアスならシリアス、コメディならコメディと
きっぱり割り切っていて楽しませてくれた作品。
気持ちいいくらいに 「青春」 していて彼らが羨ましいというか・・・
2クールということで折り返しにもまだまだ期待が高まります!


その他良かった主題歌

Q&Aリサイタル!

戸松遥


TVアニメ 『となりの怪物くん』 のオープニングテーマに起用された曲で
戸松さんの天真爛漫な歌声、表現力が凝縮されている曲になっていて盛り上がる曲です!
作品にも出演している戸松さんですがキャラに縛られず弾けるような歌い方がお気に入り!

アニメは1話から大きく動いていき(春の心情が)雫もなかなかのキャラクターで
お互い不器用だなーと思いながらも周りの人達の支えもあって心の面でも成長していきました。

INNOCENCE

藍井エイル


TVアニメ 『ソードアートオンライン』 2クール目 「ALO編」 のエンディングテーマに起用され
藍井さんはタイアップに恵まれているアーティストさんだなあと思った曲でもあります。
しかし人気なのはアニメだけではなく、藍井さんの曲、藍井さん自体にも力がついてきていると
思います。力強く、それでいて爽やかな声とアップテンポでポップなメロディはクセになって
アニメ前に気分が高まります!

SAO編では 「冒険クエスト風」 ALO編では 「ファンタジー」 のようにも思いましたが
たくさんの壮絶な戦いがあり、傷つきながらも突破口を見つけ出しゲームのような話の進み方が印象に残っているアニメでした。
アニメでの 「ゲーム」 という表現をうまく描いているアニメだなと思いました。
原作でも新たなゲーム上に乗り込んでいくなど、キリトは器用だなあと思ってしまいました・・・
(ゲーマーの鏡? 笑)


前回も書きましたが本当にアニメをゆっくりと観る時間が無くなって生きてる心地がしません。
しかし本当に新しい出会いをさせてくれるのもアニメの力で、
死ぬまでお世話になりたいメディアの一つです・・・。

長くなりましたが、ぜひ聴いてもらえると嬉しいです。

| ちはや » アニメ感想 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「海賊どもを新世界ごと吹き飛ばしてやるよ!!」

先日、劇場版 『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』 を観てきました。

2012y12m28d_035644515.jpg

実はワンピースの映画は久しぶり・・・というか5年ぶりぐらいに劇場に足を運んだのですが
さすがは大人気作品、入場者も多く、沢山のワンピースファンの方々がいらっしゃいました。

今回の映画はシリーズでいうところの 「新世界編」 へ突入して初めての劇場版。
麦わら海賊団をはじめ2年の月日が経過した大海賊時代・・・

テレビアニメ版は日曜夜のゴールデンタイムから時間が変更されてからはなかなか観る機会がなくなり、ジャンプで時々読んだりwikiで勉強してみたりして最近朝にちょくちょく観ている感じで、あまり知識がない私でも楽しく観ることができ、大興奮する作品になっていて、やはり 「力の入れ具合が半端じゃないな」 という感想。

今回のゲスト声優陣も豪華で、強敵 「Z」 役の大塚芳忠さんをはじめ
アイン役に女優の篠原涼子さん、ビンズ役には俳優の香川照之さんがアフレコ出演。
(ビンズの顔のビジュアルが香川さんに似ていて笑ってしまいました^^;)

なかでも大塚さんの演技が素晴らしく、声の圧といいますか圧倒的な強キャラ感に大興奮。
Zのキャラデザにも興奮でマジでゲーム出演してほしいくらいの好感度でした。

そして出演キャラも多くZ率いる 「NEO海軍」 をはじめ、海軍本部の主力として大将や
名だかる中将、大将 (登場だけ) も出演していて懐かしい顔も拝めて良かったです。

あ、あと来場者配布の特典にも色々載ってて出来がいい感じで。


というわけで個人的な目線で好評みたいなこと書きます。(ネタバレ含むかもです。)

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 03:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主題歌で振り返る夏アニメ評価やらなんやら 2012

えっと、忙しすぎて (嘘) なかなか記事更新出来ず、すみませんでした。
アニメもある程度観終わり、時間ができたのでアレ書きます。

主題歌で振り返る夏アニメ評価やらなんやら 2012

夏アニメは爽やかで盛り上がる曲が多く、勢いが良かったですね。
アニメも2クール作品が多く、クライマックスを迎える作品の勢いも良かったです。
個人的には、爽やかでどこか力強い青春群像劇 『TARI TARI』 とサンライズ製作の
メカニックや武器や鎖などの丁寧な戦闘作画や、キャラクター性に惹かれた
『境界線上のホライゾンⅡ』 が夏季アニメの注目作品だったと思います。
その他アニメも面白い作品が多く、どれも笑いを誘ったりキャラ萌えなど豊作だったような。

良かった主題歌とともにアニメを振り返りたい。そして毎度のことですが

私の独断と偏見で書かせていただきます。共感してくださる方々がいらっしゃれば幸いです。


良かったオープニングテーマ

Dreamer

AiRI

TVアニメ 『TARI TARI』 のオープニングテーマに起用された曲で
AiRI名義での5枚目のアニメタイアップ曲。
今回も特徴的なハイトーンボイスが綺麗で疾走感のある曲をさらに加速させてくれました。
作品自体が爽やかで、オープニングからピュアで等身大の青春が描かれていて
登場人物たちの意思や前向きさなどが真っ直ぐに伝わってくるように感じました
また絵も歌詞にピッタリで、シナリオどおりにイメージされた曲になっているように感じました。
歌詞に込められた 「力強さ」 「前へ進んでいく」 ことだとか元気の良さもあるのですが
頑張ろうという気持ちにもなりました。疾走感だけでなく爽やかな曲で
前へ前へ振り返ることを忘れるような。通勤通学が楽しいですね。

P.A.WORKSの製作ということでクオリティの高さが期待されていたのですが
今回も青春群像劇が描かれていてヒロイン3人にそれぞれのテーマが与えられて
それぞれが壁に阻まれながらも前に進んでいく強さを見ました。
もちろんウィーンと大智2人の男子生徒にもそれぞれの目標が。
「音楽」 を題材としていたこともあり挿入歌や、BGMにもピアノ曲などが使われ
P.Aさんの背景の美しさなどにより飽きさせない作品だったと思います。
細かいボケや笑いを誘うシーンもあり声優さんの演技力の高さも伺えました。


未完成ストライド

こだまさおり

作詞家としても活動しているこだまさおりさんの7枚目のシングルで
TVアニメ 「氷菓」 の第2期オープニングテーマに起用された曲。
自身名義の曲としては約10年ぶりということでこだまさんの名前は
クレジットで知っていても歌声を聴いた人は初めて!という方も多いと思います。

数々のアニソンや声優アーティスト作品に関わってきたこだまさんですが
この曲の作詞ももちろんこだまさん自身が書いており、優しさや清々しさを感じ
ポップスのような力強さも感じます。こだまさんのボーカルとしての歌声も良くて
ふわっと浮きそうな感じなのですが、しっかりしている声が良かったです。
爽やかさもあってしっかりしているメロディも良かったです!
奉太郎がえるに出会い、心境の変化などが歌詞の世界観に表現されていると思いました。

アニメの感想としては、推理モノということでトリックは
一体どう表現するのだろうと思っていましたが京都アニメーションの丁寧な演出で
分かりやすく観やすい作品になっていました。
そして1クールから徐々に変わり始めてきた奉太郎の心境の変化や、
里志の思いなども掘り下げ、奉太郎を中心に回りも動いていく群像劇が良かったです。
最終回までに出演したキャストには圧巻。豪華声優陣による脇役まで豪華なキャスティングはさすが京アニ・・・やってくれる。という感想。続きは原作に目を通したいですね。



良かったエンディングテーマ

ソラノウタ

奥井雅美

TVアニメ 『境界線ホライゾンⅡ』 のエンディングテーマに起用され
奥井さんは (Side SunRise) として 「ソラノウタ」を担当。
1度聴いてすっかり気に入ってしまった曲。 (Side SunRise) の曲は
アッパーなものが1期でもあったので元気でポジティブな気分になれる曲になっています。
このイメージというのはジャケットイラストから分かる気も
トーリとホライゾン、2人が一緒にいてトーリが引っ張って行ってくれるような・・・
新しい挑戦だったり、仲間とやり遂げることとか誰かがいてくれるから成し遂げられる。
ようなそんな感じも。「ドン!」 と後押ししてくれているような印象を持ちました。
印象的なフレーズも色々と歌詞に起こされておりとっても良い曲でした。

第2期として放送され、場所を 「英国」 に移し新たな戦いが幕を開けたのですが
忍者とお姫様がイチャイチャしてるもんだから、観てるこちら側は嫉妬の炎がメラメラでしたね^^;でも決めるところは決める、そんな点蔵がカッコよくて応援してしまいました。
設定がこと細かく詰め込まれており、そしてその都度興奮させてくれた大迫力の
戦闘シーン!!サンライズさんが本っ当にGJでした! 3期、4期と漂わせてくれるところもあり、鳥肌モノの戦闘もあり と引き続き観ていきたい第2期でした。

カタルリズム

OLDCODEX

TVアニメ 『黒子のバスケ』 2クール目エンディングテーマに起用された曲。
声優の鈴木達央さんの音楽活動のためのバンドでボーカルはもちろん鈴木さん!
アニメにピッタリの熱くて勢いのあるアップテンポの曲に仕上がっていて、歌詞から伝わる過去と未来
世界観とか心情を鈴木さんの声優としての表現力で歌い上げていて力強いロック調がカッコいいです!!

黒子、火神の誠凛は青峰有する桐皇に敗れるのですが、青峰のチートっぷりが
やっぱり原作と同じく強敵感を引き出していました・・・その後、クライマックスとなる
黄瀬有する海常との1戦がやっぱり燃えましたね^^; 黄瀬も黄瀬でトンデモ能力なのですが
青峰に食らいついていく意地と 「憧れを超える!」 というモチベーションがよかったです!!
そして忘れちゃいけないのが海常キャプテンの笠松!彼の熱意、意気込み、キャラクターに
主人公の輝きが・・・キセキの世代より応援しちゃいます!! 笠松KAKEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第二十二話 (最終話) 「遠回りする雛」

京都アニメーションにてアニメ化された有名ライトノベル 「氷菓」
無事最終回を迎えました。奉太郎たちに降りかかる数々の難事件・・・

しかし、推理シーンは手の込んだ仕掛けも動きのある表現で
視聴者にも分かりやすい見せ方でした。

2クール22話と少し少ないながらもボリュームのある推理モノでした。


氷菓 第二十二話 (最終話) 「遠回りする雛」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第二十一話 「手作りチョコレート事件」

遡ること中学時代、この頃から里志に想いを寄せていた摩耶花は
バレンタインに手作りチョコレートをプレゼントしたのだが・・・

冷やして固めただけのチョコを手作りというのだろうか と
余計な一言でチョコを受け取らなかった。

来年、福ちゃんが満足するような傑作をその横っ面に叩きつけてやるんだから!

そして高校に入って初めてのバレンタイン。
文句なしの手作りチョコレートで里志を頷かせる摩耶花の戦い・・・!


氷菓 第二十一話 「手作りチョコレート事件」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第二十話 「あきましておめでとう」

なんでこんなとこに・・・と、奉太郎とえるは暗闇の中。

奉太郎はおみくじの結果が悪かったようで、一体全体なんでこんなとこにいるのかw

奉太郎とえるの初詣デートと聞いて・・・ いったい何が起こった?


氷菓 第二十話 「あきましておめでとう」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第十九話 「心あたりのある者は」

地学準備室には2人っきり―

奉太郎が氷菓の謎を解いたのは数ヶ月前の話だった。
えるは叔父さんの秘密、氷菓の謎を知りたいと奉太郎に協力を求めたのがきっかけだった

そんな叔父の関谷純に線香をあげてほしいと頼まれた奉太郎。

奉太郎はいつも見事に謎を解く―
運がいいと言われるのは構わないが、「大した奴だと言うのはやめてほしい」

有能だったからではなく運があったから謎を解いてこられたと言う奉太郎ですが

「手がかりがあって、推論を立てて推理ができるのは立派な才能」 とえるに言われ

奉太郎は役に立たないところを見せつけるためにゲームを行うことに。


氷菓 第十九話 「心あたりのある者は」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第十八話 「連峰は晴れているか」

カンヤ祭も終わっていつもの放課後―

古典部ではそれぞれ自由な時間を過ごしていますね。

そんなとき部室の上空をヘリが通過・・・

そういや小木がヘリ好きだったな

奉太郎たちの過去のお話?


氷菓 第十八話 「連峰は晴れているか」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第十七話 「クドリャフカの順番」

放送部のラジオに出演中の千反田える

みなさんの力添えがあれば必ず犯人を捕まえてみせます!

古典部が用意した品は 「校了原稿」 そして場所は古典部の部室

迎撃準備万端!!


氷菓 第十七話 「クドリャフカの順番」

≫ Read More

| ちはや » アニメ感想 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT