ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」

先日、無事最終回を終え、感動した方々も多いかと
もちろん私もその一人です。

1話を観て今まであまり見たことのない雰囲気のアニメだなと
感動作としての片鱗を垣間見えたかと思います。

そんな 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」 のBD1巻が29日に発売され

BD/DVD1巻製品情報、完全生産限定版特典は
「田中将賀描き下ろし三方背ケース&デジジャケット&ピンナップ」
「特典CD:xREMEDIOS オリジナルサウンドトラックVol.1」
「第1話絵コンテ集(絵コンテ:監督・長井龍雪)」
「6Pライナーノーツ」
「音声特典:オーディオコメンタリー(入野自由/茅野愛衣/戸松遥)」
「2011/9/25 イベントチケット優先販売申し込み券封入」 とのこと

各話2~3回ほど観たのですが、やっぱりBD買おうかなあ・・・ それは置いておき


「今期、最高傑作」 の呼び声も高いこの作品。人気となったのは、

「気を張らずに自分のペースで観られた。」
「懐かしい風景など子供のころに戻ったかのような感覚。」
「どこか懐かしい青春群像に惹かれるところ。」


そういう感情になったところが人気になったところなのかなと思います。

無垢な子供ではない、だけど醒めた大人にもなりきれない6人の 「宝物」

感動の最終話になりましたが、随所感動する場面がたくさんあったアニメです。

『ハチミツとクローバー』 『のだめカンタービレ』
『働きマン』 『東京マグニチュード8.0』 などと

様々な人気作を残してきたノイタミナですが、
いろいろ観てきましたが 『あの花』 もノイタミナの歴史に残る名作なのかもしれません。

これからも良い作品、感動作を残してもらいたい。

それはすべてのアニメに通ずることだけれども

アニメっていいね。

| ちはや » アニメ感想 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

普通に泣いたお

| ぽ | 2011/07/03 14:18 | URL |

泣けましたね。

1話から泣ける匂いはしてましたけど
どんな匂いだよ

| ちはや | 2011/07/06 23:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1036-9d74cb23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT