ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花咲くいろは 第二十一話 「蘇る、死ね」

ついに二十一話 三桁いきまして、うれしいです!
こんなにも記事書けるのが続けられて、みなさんのおかげです。

さて話はグッズのほうへ参りましょう。
コスパより発売される 「花咲くいろは」 抱き枕
「松前緒花」 に続いて第2弾として 「鶴来民子」 が発売されることに!

次郎丸さんのすごい妄想が抱き枕カバーに!
板前見習いとして喜翆荘で働く少女 『鶴来民子』 の、
あんな姿やこんな姿が楽しめちゃいます!
男物の板前服を羽織ったみんちが大胆すぎる姿で登場!
とのことですが

2011y08m23d_013735187.jpg

これはやばい
可愛いを通り越して興hしてき・・・ いやほんとすいません。なんでもないです。
それはそうとアニメ本編では見られなかったチャイナ服がお披露目ですね (笑)

ところで抱き枕ってやっぱり、睡眠のお供に使われてるのかね
昔、普通の抱き枕使ったことがあるんですけど全然効果が分かりませんでした。
抱き枕で眠ると睡眠促進作用があるの?

価格:9,450円(税込)
サイズ:150cm×50cm /ポリエステル100%(スムース)(ツイル)
発売日:2011年10月末発売予定
発売元:コスパ


インフォメーション | アニメ 「花咲くいろは」 公式サイト

ぜひとも発売をお待ちください。


花咲くいろは 第二十一話 「蘇る、死ね」


花咲くいろは 第二十一話 「蘇る、死ね」


えー!結婚!? 金銭的に式はNO!でも愛の力がある!

結婚式はしなくたってもいい、2人で力を合わせて女将さんを助けていくみたいですけど

でも女将さんには、結婚の条件として 「結婚するなら結婚式は必ず挙げること」
結婚式は自己満足のためにあるものじゃないということみたい

豆じいの提案で喜翆荘で2人の結婚式を行うことに
徹さんは宴会料理を仕切らせてもらえるとのことでやる気満々


徹さんと民子は買い出しに―
いいですよね、結婚 
俺もそろそろ考え始める歳だよな
俺は子ども好きだしさ、5人くらいは欲しいな
賑やかくらいのが結構居心地良いっていうか


大家族が希望の徹さん (笑) 民子は焦燥 (笑)


近頃、妙な気を感じている民子に一息入れようと海に立ち寄った徹さん

迷うこともあるかもしれない、思うようにいかなくてイラつくことも
でも、修行で得たもんは絶対にこっちを裏切らない


ちゃんと民子の気持ちを考えていた徹さん、いい人です。
結婚式もぱーと盛り上げて、自分の気持ちを伝えるはずだった・・・のに

「緒花に影響されて喜翆荘の空気も変わった。」 という
「みんな緒花がやってきてから全然変わった。」 というよりかは
「緒花のおかげでみんな変わった」 従業員もそして徹さんも・・・


結婚式では寸劇を考えていた次郎丸さん
内容は大丈夫、なんてったって優秀な構成作家さんがいますしね (笑) え?優秀かな (笑)

菜子が読んで、妊娠する~ってちょいどんな脚本なんですかwwww

セクハラですか


お風呂場にて緒花は民子に気づかなかった失礼を謝ろうとする
でも民子はとても煮えたぎってて、怒りが収まらないみたい。

何が大変だ!

アンタが言い出したんでしょ、結婚式を挙げましょうよ!とか
お決まりのデカい、ウザい、キモい声出して!アンタの気まぐれで迷惑するのはこっちなの!
私だけじゃないみんな、徹さんに迷惑かけてばっか!恩は返しな、徹さんと付き合って


徹さんと付き合ってあげて!

むしろ民子が何を言ってるのか、何に対して腹を立てているのか分からない状態ですね。

緒花は徹さんに対してそんな気なんてないのに、
むしろ徹さんと付き合ったら民子の気持ちもあるのにそれを
緒花は分かってるのに責任を取れと民子は怒鳴る。

死ねが華麗に復活した


気持ちが不安定になって民子はミスしまくり

言いたいことはきっと、一生言えない

蓮さんはもうとっくに気づいていそうな顔だね


そんなとき崇子さんは縁さんとの結婚を白紙ににって
一体どういうこと!?

信頼関係の親密さを築こうと頑張ってきた崇子さん
それでもスイさんには信頼されていないのかと思ってしまったのでしょうか
そんな崇子さんにスイさんは自分の旦那さんから貰った大事な指輪を見せた。

式をできる余裕も先立つものもなかったけど指輪は用意してくれた
喜翆荘は大事な人と2人で始めた旅館だった―

お前 (スイ) が喜ぶ旅館で 「喜翆荘」

「自分たちが喜べずに他人を喜ばせることなんてできない」

喜翆荘の名前の由来にはそんな話があったんですね。


「結婚」 っていうのは
『本当の一人に絶対ならない絶対にさせない』 そういう約束


そういって、縁さんの喜びを託すようにスイさんは母親として崇子さんに頭を下げた。

逆に崇子さんはずっと反対されてたのかと思っていた、
旅館を継がせるつもりはないのだと思っていた、
それがようやく認められたのかと思い涙しますが、でもスイさんはきっぱりと言う

そうだね・・・そのつもりはないよ


・・・え?最後の言葉は謎です。
どういう意味なんだろう。スイさんの後には誰かが継ぐのだろうか
それともスイさんの代で喜翆荘は、たたんでしまうのでしょうか

そして、緒花と民子と徹さんの三角関係の果てには・・・
一体どうなってしまうのでしょうか、来週も見逃せません。

| ちはや » アニメ感想 | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1161-737ee33c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT