ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花咲くいろは 第二十二話 「決意の片思い」

遅くなりましたが、コミカライズ 「花咲くいろは」 2巻のページ末にて
コミカライズ 「花咲くいろは」 3巻は、12月22日 (木) 発売との記載がありました。

アニメはいよいよクライマックスでしょうか、恋の行方、喜翆荘の経営
いろいろな問題に直面しますが、うまくまとまってるといいですね。

そんなわけで今回のお話。


花咲くいろは 第二十二話 「決意の片思い」


結婚式の準備 Are you ready?

授業中に電話 (笑) そしてみんちの機嫌はまだ直ってないみたい

電話は皐月さんからだった。結婚についての報告や祝電の話。
緒花は、「恋」 について母親に質問することに。
また、彼氏さんが代わりまくってることについても皐月さんに質問してみる

まだあんたのパパに片思いしてるのかもね

好きな人のことを忘れられないからこそ新しい恋を探したいんじゃないの
あの人が死んで15年か、報われる必要もないのかなと思うようになってきた。最近
これだけ好きになれる人になんて滅多に出会えないし、出会えただけでもラッキーかなって


好きだった人は忘れられないし、そこから何度恋をしても
忘れられないものなんですかね (笑)

ママの片思いにドキドキするなんてどうしよう

そして緒花は気づいたのでした。

どうして考ちゃんのことを諦めようとしたのだろう


カーテンで作ったウエディングドレスが完成!
菜子に試着してもらうけど背中のチャックが閉まりきらないくらい・・・・・・大きい?

そして思い出したくないデジャヴが (笑)


相変わらず、徹さんは民子の手伝いを反対。

甘やかし作戦はやめです。スランプは厳しくされなきゃ乗り越えられない
俺気づいたんすよ、蓮さんが血も涙もなかったように・・・


蓮さん (笑)


民子と仲直りしたい緒花。そして民子に自分の片思いを訴えると

片思いなんてやめちまえ!

徹さんと付き合え!


もう民子滅茶苦茶だよ (笑)

菜子の仲裁で収まったものの徹さんが現場を目撃。
一方の徹さんは緒花のことが気になっているものの
どうしようとか、そういう気はないみたい。

ただ、
「緒花が次に何やらかすか楽しみ。」
周りを沸かせてくれる存在、みんなを楽しませてくれる存在
 として可愛がっているみたい。

それに対して、民子は見ていてハラハラする。
仕事に対してもそうだし、人との付き合いにも心配するところがある。
でも徹さんはちゃんと民子のことも見ていた。嬉しくなって民子は涙。
これで緒花とも仲良くなれるかな。


一件落着した後、菜子は緒花に感動したみたい。

感動した!

私ね、恋とかそういうのまだしたことないけどとても素敵だと思った
あんなふうに誰かを思えるって、私感動した!


諦めない、私諦めない、付き合いたいから片思いを諦めない

結婚式が無事に終わったら告白しよう―

ついに緒花の答えが出たのですかね。


ついに崇子さんと縁さんの結婚式

女の人生の中で最も輝く日!
ちょっとお願いがあるんだけどブーケトスはもちろん・・・


崇子さんと打ち合わせwww 巴さんにもこんな日が来るのかな
結局、豆じいがゲットしました (笑)

徹さんも花板として気合入ってる! でも酢味噌でLOVEって・・・

そして次郎丸さんの寸劇、次郎丸さんが縁さんを、崇子さんを豆じいが熱演 (笑)

リアクションしたら負けwwww

式でギター演奏をした縁さんの友人役に、
アニメの主題歌/挿入歌を歌う nano.RIPEのきみコさんが声で出演!


最後にスイさんがスピーチ
「若さ」 とは例えつまづいても、迷っても、恐れずに新しいものに挑戦し
新しい何かを作り出すことができる。2人、そして皆の作り出す新しい未来を
私は楽しみに離れたところで番茶でも飲みつつ眺めさせてもらいたいと思います。


皆の未来?眺めさせてもらう? スイさんの言葉には疑問の声が。


そしてスイさんに大事な話があると、呼び出される従業員
豆じいが40年間欠かさず書き続けてきた業務日誌を
誰かに引き継いでもらいたいということだった。

豆じいは辞めてしまうの!?という展開だったのだが、さらにスイさんはこんな話を切り出す。

喜翆荘は、今度のぼんぼり祭りでこの日誌と共に閉じようと思ってる


えええええええええええええええ!!
日誌を継ぐのは次郎丸さんが適任だと勝手に思ってたけど
喜翆荘を閉じるって・・・

緒花も唖然。クライマックスが始まります。

| ちはや » アニメ感想 | 02:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1175-0a4f30f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT