ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バカとテストと召還獣にっ! 第11問 「雄二と翔子と幼い思い出」

ラノベにも収録されている、短編をアニメ化している2期

1期で放送していた内容にもリンクしている部分もあって

サイドストーリーながら面白い話も多いです。


今回も 「小学生」 まで話が遡る物語ですが・・・

最終回も近いのかなあ。



バカとテストと召還獣にっ! 第11問 「雄二と翔子と幼い思い出」



バカとテストと召還獣にっ! 第11問 「雄二と翔子と幼い思い出」


またしても恋の過去編―

―水無月小学校には 「神童」 がいる。-

かつて 「神童」 と言われていた雄二と、嫁 (笑) 翔子のお話です。

本当に昔から、天才だったみたいですね。

あの頃は高みを目指していた。

そのことが周りを見下しているのと表裏一体になっていることを感じ始めていたとか・・・


そして小学校で親しくなったのが、ある日転校してきた翔子である。

家柄、成績、容姿で浮いていた翔子はクラスでも浮いていたみたい。
そういう部分では雄二と共通する部分だったのかもね。

「・・・いじわる」
「・・・けちんぼ」
「・・・わからずや」


翔子がどれだけじゃれてきても、ツッコんでツンとした態度を取ってきた。

雄二は誰に対しても等しく接してきた。
でもそれは、「誰に対しても興味がなかった」 ということ

上級生との対立もあったみたい。自分は優れているということを
雄二は知っている。自分は 「特別」 だと思っていた。

これはすごく仲良くなりづらいタイプ (笑)


家に帰るとちゃんと母親とコミュニケーションを取る子ども
これはいい子です (笑)

雄二ママ、超美人じゃないか (笑)

逆に父親がどんな人なのか気になりますが・・・ (将棋とか上手そうだよね。)


雄二をイジメをしようとしていた上級生を見つけた翔子は
雄二をかばって雄二の持ち物を守ろうとした。

雄二は分け隔てなく接してくれた

そんな雄二を好きなった翔子はイジメに巻き込まれてしまいますが
それを見た雄二は、止めに入れない・・・?

今まで、「他人より優れた自分がヒーローだと思ってた」
でも、現実は自分を守ろうとしてくれてる翔子がいた。


演出で、今の雄二が出てきて会話する。
今の雄二と昔の雄二はぜんぜん違うものだった。

頭のいいやつは大変だな。必死に言い訳して、逃げ道を探して

だったらどうすればいいのか、何の関係もない子が自分を必死で守ろうとしてくれている。
頭でどれだけ考えても、行動には移せない。

だったら、バカなのはどう?

何も考えずに飛び込んで行ける 「バカ」 のほうが
今のお前よりよっぽどカッコいいかもな


自分のせいで巻き込まれてしまった翔子。
雄二と仲良くなれたから転校したくない。

雄二は震えているけど、ちゃんと翔子を守った。
勘違いを作ってしまった原因、それが雄二の過ち。


上級生に仕返しをされボロボロになって帰宅
あくまで学校で起こったことは、雄二ママに隠しますが翔子が全部話しちゃったのね。

あんなにボロボロになっても、雄二ママは

勉強できるだけじゃなくて

「誰かを守れる子」 になってくれた事が嬉しかった

そして、今度は翔子が雄二に守ってもらえるような子になってと
雄二ママに約束 (笑) この頃から 「お嫁さん宣言」 が始まったのね (笑)

勘違いで始まって、2人はどんな気持ちなのか分からないけど
翔子は雄二を溺愛、でも雄二も守ってあげようという意思は
変わっていないと思います。


エンディングテーマには、またまたmilktubさんの新曲 「HI-HO!!」 が起用。

なんだかんだで翔子に思われてる雄二が羨ましいね (笑)

| ちはや » アニメ感想 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1205-344dd573

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT