ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花咲くいろは 第二十五話 「私の好きな喜翆荘」

「旅館の華」 は何だろう

「綺麗な仲居さん」、「美味しい料理」、「豪華な風貌」 ・・・

・確かに、仲居さんが綺麗だと華がありますね。

・料理も美味しいと最高です。

・旅館が立派だと気持ちいいですね。



でも、小さい旅館だとどうだろう。「華」 はないのかというとそんなことはない

「温泉が気持ちよかったり」、「サービスが行き届いていたり」 と小さいところでも

すばらしいおもてなしをしてくださる、「従業員のみなさん」 一人ひとりの頑張りに

「華」 があります。大事なのは 「気持ち」 なのかもしれない。そう思います。


花咲くいろは 第二十五話 「私の好きな喜翆荘」


花咲くいろは 第二十五話 「私の好きな喜翆荘」


ぼんぼり祭りのお手伝い。「願い札」 には何を書く?結構当たるみたい♪

湯乃鷺に来て、私は輝きたいと思った


担当する仕事も、作業の低下も見込めるから客を取るなということだったのですかね。
でも縁さんたちは工夫しながらこなすと言っていますが・・・

みんなは緒花に 「女将さんの味方はやめろ」 と言われます。

あんたはいいよ、帰れる場所があるんだから
ここに私の夢があるんだ。あんたも同じだと思って嬉しかったのに

緒花も喜翆荘の仲居、女将を目指しているのかと思われていたのかな?


そんななか電六さんは、こんなことを言う

ここにいるみなさんは良い子
喜翆荘で働くみなさんは良い子


夢に向かって頑張ってるみんなを見てきた電六さんが言うんです
みんな良い子です。


みんな一生懸命頑張ってるけど、「ぼんぼってる」 わけじゃない と緒花は言います。

徹さんには、「いつものお前じゃない」 「変わったのは喜翆荘じゃなくてお前」 と言われる。

喜翆荘を変えるために頑張っている縁さんたち
でも変わっていく喜翆荘にもやもやするお客様もいるみたいで・・・


お客様が増えて大事なときに、蓮さんと巴さんが喧嘩!
「今は大事な時!」 と縁さんが注意するも雰囲気は最悪。


菜子は今の喜翆荘が、自分が思っている喜翆荘と違うんじゃないかと思い始める。

女将さんは何を思っているのか、喜翆荘について何を思っているのかを緒花に聞く。

みんなが一生懸命になることで、私まで幸せな気持ちになれる
女将さんは私の好きな喜翆荘を作りあげた人だから
 と

菜子は女将さんのことを尊敬しているし、ありがたいと思っているのでしょうかね。


タクシーに乗って、ある人物が喜翆荘へ向かっていた。

華がある女、皐月さん登場! 


巴さんが負傷、仲居が減って大変だけど頑張らないと女将さんに負ける・・・?
そんなみんなに緒花は問いかける。

仕事って勝ち負けなんですか?

客を喜ばせるより、女将さんに勝とうとしているみんな
女将さんは喜翆荘をたたもうとしている、そんなことさせまいと
無理にでも働こうとしているみんなと対立してしまう。

従業員も対立して、客に対するサービスも変えようとしてしまう喜翆荘を見て

私の好きな喜翆荘を返してください! と

菜子も気持ちを伝える。それを聞いてみんなはもう一度頑張ろうと思う。

「自分が自分でいられる場所」 そんな場所を失うのは辛い。

女将さんも、巴さんの代わりに仲居をやると、一致団結で頑張ろうときめたみんな。

辛気臭い雰囲気のなか、皐月さんが颯爽と登場。
忙しいときにフロントに誰もいないなんてありえないよね (笑)
泊めてくれたら、仕事も手伝うと言っていますが
縁さんは反対。ですが、喜翆荘を守るために私情は持ち込まないと言われ、
本当にみんな団結して頑張ることに!


そして、ぼんぼり祭り当日―

巴さんも足を負傷しても頑張っている。みんな一丸でね。
女将さんも仲居として接客。「女将」じゃなくて「スイさん」 と呼ぶようにと、
しっかりしてますね (笑)

そして、皐月さんも髪の毛を結び仲居として手伝うことに

旅館はお客様第一

自分のことは二の次、三の次



不思議だった、みんなが頑張るこの場所で、ママと女将さんが一緒に働いて

私気づいたんだ・・・私の夢は


皐月さん、スイさんの仲居は新鮮でした (笑)
親子3代で旅館で働くなんて、本当にどこかのテレビドラマみたい (笑)

四十万、松前の女、そろい踏みで喜翆荘を盛り立ててくれるといいですけどね。


そして来週は最終回・・・ 一体どんなドラマが生まれるの?

| ちはや » アニメ感想 | 02:39 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1209-3147ccec

TRACKBACK

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翠荘」

ぼんぼり祭りを前に 喜翆荘はキャパを越えた予約をとり大忙し。 縁たちはいろいろ変更して対応しますが。 それは今までの喜翆荘のよさを無くしてく変化に見えますが。 本当にそれで新しいお得意さまができ...

| SERA@らくblog | 2011/09/20 22:19 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT