ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちはやふる 第六首 「けふここのへににほひぬるかな」

実際に試合をするときはやっぱり袴で行うのがいいですね。

弓道にしろ、剣道にしろ、身なりがしっかりしてると風情もあって華もある。

競技かるたといえど、美を追求するのもれっきとした歴史を感じさせます!


ちはやふる 第六首 「けふここのへににほひぬるかな」


畳を運ぶ、太一と千早。太一もかるた部作りに協力してくれてる
でも、あんなに華がある生徒が畳運びって・・・ほんと残念美人 (困)

部員を5人集めたら顧問もつけてくれて正式な部に!
そんなこんなで部員集めが始まるのかな・・・?


かるた部の練習を見ていた女子生徒は、大江奏
弓道部に入っている彼女ですがなんだかいろいろと合わないみたい。ちょっと古風な奏でした。

千早のかるたを見て、「何コレ」 と絶句。やっぱり壮絶な競技に見えちゃうよ (笑)

見ていた奏は、千早に捕まえられ勧誘される。
でも奏は、「袴」 を着ないことを聞くと、弓道部のほうがいいって・・・
家が呉服屋の奏は、なんだか複雑ですね。

千早も諦めず説得を続けますが、千早とはベクトルが違うカルタ好き。
部員になってもらうのは難しそうですね。


そして、千早は大江家が営業してる店へ訪問。
そこで、「ちはやぶる」 を象徴しているかのような袴に出会う。
音だけがかるたじゃない。と奏に 「ちはやぶる」 は 「恋の歌」 だと教えてもらう。

奏はやっぱり、カルタが好きなんだと思います。
そして千早も、いろいろなことを奏に教えてもらう。


知らなかった。あの札の向こうに色も温度もある世界があるなんて


これをきっかけに千早はまた新しい視点でかるたを楽しめるように。

音としか付き合ってこなかった。意味で繋がることもできるんだ
もう札がいろんな色でここにいるって教えてくれる。



奏も、かるた部へ体験入部? でも入部するにあたって条件が

「試合のときは、袴を着る。」 という条件。
ちゃっかりパンフレットのモデルにも起用 (笑) 残念美人はやっぱり超美人!

「ちはやぶる」 はただの歌なんかじゃない、「真っ赤な恋の歌」 だった。

| ちはや » アニメ感想 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1281-9dfea60e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT