ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちはやふる 第七首 「ひとこそみえねあきはきにけり」

部員も一人増えて、かるた部創立までもう少し・・・

ちはやも袴を着て試合ができるのももう少しですね。

話は変わるけどオープニングテーマがなんかいいですね。

ロックだけど和風チックみたいな、爽やかだけど気分は高まる曲です。


ちはやふる 第七首 「ひとこそみえねあきはきにけり」


ちはやふる 第七首 「ひとこそみえねあきはきにけり」


ちはやは、「感じ」 がいいだけのゴリ押しのかるた・・・
「感じ」 っていうのは、かるた用語で 「読みへの反応速度」 のことみたい
それは生まれつきの才能で、千早はその才能で今まで戦ってきたみたい。

才能との戦いということで、なかなか勝てない太一はふと思う
「新が練習相手だったら、ちはやはもっと強くなるんじゃないか?」 とふと思う

そんなことにも気づいていない千早はせっせとスカウトへ―


クラスでは 「机くん」 と呼ばれている 駒野勉
学校は好きじゃないけど、勉強は好き。
テストの点が良ければクラスの平均点も上がるから、今日も頑張る と
いい人・・・なのかな?

しかし勉強もできて顔もいい、太一と比べられるのは嫌みたい。

そんな勉のもとへ、千早襲来!
かるた部に入るよう積極的に勧誘しますが、
勉は自分にメリットのないかるたには全く興味ナシ。

痺れを切らした千早はとうとう実力行使・・・

「やらない理由なんかどうでもいい!つべこべ言わず一回やれ!」

無駄美人wwww


かるたには暗記力が必要とのことで、秀才にはぜひ入ってほしいと千早は言うけど

「暗記は基本」 っていうことでかるたを裏返してやれ。と勉に言われ
裏表ひっくり返してかるたを行うことに。

曖昧な覚え方で感覚的にかるたをとっている千早に
いつものキレがないことを気づいた太一は、
千早に勝てるかもしれないと考える

太一は名人を目指しているわけではないじゃないから、勝てなくてもいいんだけど
新を脳裏に思い浮かべるのは嫌だった。
新と戦いたい千早だけど、目の前には新はいないし、淡々と勝ちが続いていく千早に対して
自分じゃ千早に張り合えないことの悔しさみたいなものがこみ上げてきたんですね。

「千早・・・ 目の前にいるのは俺だぞ!」

この勝負は太一が勝ち。勉は無言で部屋を去っていく

友達もいて、力もある太一に比べて、
自分は人のために頑張ってるけど、それでもみんなと平等な関係にはなれない。

勉は自分ができることが、勉強しかない、机しかないと諦めていた。

「得意なもので勝負している。」 話を聞いた太一は、自分の境遇と照らし合わせていた。
そしてかるたの才能なんてないと言う勉にこう言った

かるたの才能なんて俺だって持ってねぇ!

キツイけどやってんだ!負けるけどやってんだ!

でも勝てたときどんだけ嬉しいか!


勝負事は苦労して、努力して勝ったときは至福の喜び―


仲間にするなら、かるたの天才より畳の上で努力しつづけられるやつのほうがいい


いい太一回・・・だったかな?
人の才能に悩む努力家みたいなキャラで、勉を見て自分に似ていると思ったのですかね。
そして、2人目の新入部員が増えるのでしょうね。

かるた部へは着実に一歩ずつ歩んでいます。

| ちはや » アニメ感想 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1294-43f2dfa0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT