ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主題歌で振り返る秋アニメ評価やらなんやら 2011

今期の主題歌たちは甲乙付け難いものに・・・。
アニメの本数もさることながら、作品、主題歌のクオリティが高く
アニメが始まるまでの時間までもが楽しみに。また今回はお気に入りの枠も少し増やして、
良かった主題歌とともにアニメを振り返りたい。そして毎度のことですが

私の独断と偏見で書かせていただきます。共感してくださる方々がいらっしゃれば幸いです。


良かったオープニングテーマ

My Dearest

supercell


「ギルティクラウン」 のオープニングテーマに起用された曲。
「君の知らない物語」 などを歌っていたnagiさんから、こゑださんがボーカルを務めることに
こゑださんは、2011年5月から行われたボーカルのオーディションにより、
約2000名の応募者の中から選ばれた1人とのこと。

そして、曲についてですが、あまり音楽的なことは詳しくないので伝わりにくいと思いますが
ドラマチックで幻想的な曲で、ドラムが目立っていて良いなあと思いました。OPで、
最後のサビに入っていく前のところぐらいからスネアドラムの連打が聞こえるところが好きで
サビに入っても勢いは良く、清々しいところが気に入りました。

So, everything that makes me hope
いま君に捧げよう I'm your light

いのりが映し出されるところが、毎回放送のたび鳥肌を立たせてくれます。
あれは、ボーカルの声もさるところながら、いのりが何かを訴えながら歌っている描写が良くて
毎回のように鳥肌が立つ私の二の腕は秋アニメ一番の鳥肌曲だと思わさせているんですね。

アニメの感想は、話が少し複雑だったのですがファンタジックというかメカニックというか
絵は綺麗で、効果も良かったのは、OPを観ることで伝わってきて 「ギルティクラウン」 と
タイトルが出てきてから、キャラクターの出現するところなんかでも、
映画を見ているような感じでした。(大げさ過ぎですかね・・・)

Production I.Gの映像では、「テイルズ」 シリーズで何回も拝見させてもらったので、
安心できました。 「何かを守りたい」 っていう訴えみたいなのが、ちょっと感動します。

個人的には、涯がカッコよかった。あの金髪イケメンボイスは、反則です。


愛美

LIVE for LIFE ~狼たちの夜~
 

今期のアニメ主題歌も、どれもレベルが高いばかり
アニメとタイアップさせなくても売れそうな曲もあって。
アニメソングの時代が変わっていくのを感じさせる。

と、いうことで個人的に今期で一番 「アニソン」 っぽい曲を選びました。
「半額弁当を懸けて戦う戦士 (狼) たち」 がアニメの主題ということで
歌詞にも、「狼」 や 「獣」 「飢えた」 など生々しい言葉がありますが、
サビでの疾走感は気持ちいい。 「闘志を奮い立たせてくれそう」 そんなこの曲は、
フレーズが脳裏に焼きついてよく口ずさんでいます。

アニメは、「半額弁当を懸けて戦う」 というバカっぽいアニメですけど
そんなバカでも一生懸命にバカをやらかす、 「命を懸る」 と大げさな例えだけどそんな表現も
バカっぽくて熱いアニメでした。周囲の人に「槍水先輩ファン」 が多く、
先輩の良さはなんといっても、あのクールな性格と黒タイツだろう。 とにかくストライクだ。


良かったエンディングテーマ

藍井エイル

MEMORIA 


TVアニメ 「Fate/zero」 のエンディングテーマで、藍井エイルさんのデビューシングル。
「一緒にいた人が去っていき、一人でも前へ進んで行こう」 と思わせるような感じがする曲。
CM、アニメを見ていても、アイリの情感を描いた 「ラブバラード」 のような気がします。
藍井エイルさんの歌唱力も高く、エンディングに何度かかっても飽きが来ない曲でした。
むしろ、エンディングに流れる度に作品の壮大さを伝えているような感じ。

個人的には、サビに入る前の

「逆らえぬ運命だと知っても怖くない 心から信じている」 というフレーズが好きで

同時に流れるランサーの挿絵、ランサーの過去を知り、さらにこの言葉の意味が強まって
ランサーは本当にいい男だと、あんな男に守られてみたいもんだと感銘を受けました。

アニメはまだ続きますが、聖杯を求め、主と共に戦うサーヴァントたちの戦いは
まだまだ激化していきそうですね。それぞれのサーヴァントが胸の内に秘める生き様、
聖杯を手に入れるために戦いあう強者。クオリティもさながら、今期NO.1の作品かな。


AiRI

Pieces


2012y01m02d_031738171.jpg

UR@N改めAiRIさんの今年3枚目のアニソンシングル
そして秋期のアニソンで唯一購入したシングル。
印象的なのは、やっぱりAiRIさんのハイトーンボイスと
UR@Nといえば、宮崎京一さんのアップテンポで疾走感のある曲!

UR@Nさんがかつて歌っていた、「七色の地図」 にどこか似ている。
明るいノリの曲で、とにかくアニメの引き際、すごく盛り上がる展開の時に起用されることが
多かったこの曲ですがTVsizeだけでなく、Fullverを聴くとさらにこの曲の良さが分かるかも。

主人公、葵・トーリを意識した歌詞はサビを聴くとすごく伝わってくる。
ホライゾンの穴の開いた記憶に思い出のピースを探しに行くトーリが目に浮かびますね。
大人になっても忘れない記憶、大切な場所、新しい世界や未来のピースが、
たとえバラバラに散ってしまっても、誰かのために取り戻そうと駆けていく主人公に
「ありがとう」 を言いたくなるような曲だなあと私は思いました。


長くなりましたが、ぜひ聴いてもらえると嬉しいです。


その他良かった主題歌

スフィア

HIGH POWERED


「侵略!?イカ娘」2期のオープニングテーマに起用された曲。
1期ほどのインパクトありませんでしたが、個人的にこちらのほうが好きでした。
とにかくノリのいい曲。曲調だけでなく、作品でのテンション、イメージを大事にした曲で、
ついつい何度か聴いてしまった曲。声にエフェクトがかけられてるのもそうですが、
スフィアの楽曲としてもここまでアップテンポな曲も珍しいかなと思いますし、
ソロパートがあまりなかったところが残念ですが (笑)

サビへの入り方、曲調が好きで
「HIGH POWERED 一人じゃ足りないんだな
君と (わたし) ともに進め 目的が違うって内緒」

「侵略!?イカ娘」 とのタイアップということで
「言うと調子に乗っちゃう突っ走っちゃう?」

歌詞もイカちゃんを意識したものにもなっており。元気な部分や、
明るく楽しいノリが歌われている曲でした。

アニメもイカちゃんが可愛くギャグ満載で、1期の勢いを大事にしていました。
浜辺に落ちてないかな・・・イカちゃん。


99RadioService

YOUTHFUL


「ちはやふる」 のオープニングテーマに起用された曲。
タイトルが 「ちはやふる」 と少しかかっている感じも良い雰囲気の曲で
ロックなんだけど、どこか独特な和風テイストのような感じもする曲。
爽やかだけど切ない感じや、アニメの雰囲気を抜き出したような、
青春を感じる甘酸っぱい感じがいいですね。

歌詞にも、「ちはやふる」 の表現が取り入れられており
耳あたりの良いフレーズのサビは耳から離れなくなりました。

「競技かるた」 という斬新な競技が主題で、これを期に 「かるたブーム」 が
来ないものかと、ひそかに願望中。
日本でもわりと人気な競技みたいなんですけどね。

| ちはや » アニメ感想 | 03:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分の中でのUR@Nさんの名曲はやっぱり
Precious Angeric…でしょう!

| うぃんぐ朝霧 | 2012/01/09 18:09 | URL |

>
たしかに良い曲でした。
「君がいるから」 も良かったですね。
ロボットとSFにはマッチするような曲だと思います。
(どこかガンダムを・・・)
原作は少し古いですが、ぜひTVアニメ化してほしいですね。

| ちはや | 2012/01/09 19:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1355-3cebb41a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT