ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主題歌で振り返る冬アニメ評価やらなんやら 2012

主題歌で振り返る冬アニメ評価やらなんやら 2012

毎期毎期クオリティが上がっていくアニソン。ランキングでアニソンを見かけても驚きません。
それくらいこの頃のアニメ事情、環境も変わってきていて時代を感じるとともに、
完成度の高い作品を観ることも一片の趣味になっていて楽しい毎日です。

TVアニメ 『未来日記』 の放送がまだ終了しておりませんがご容赦ください。

今季アニメを良かった主題歌ととも振り返りたいと思います。そして毎度のことですが

私の独断と偏見で書かせていただきます。共感してくださる方々がいらっしゃれば幸いです。


良かったオープニングテーマ

The Everlasting Guilty Crown

EGOIST

TVアニメ 「ギルティクラウン」 のオープニングテーマに起用された曲。
秋季に続いての 「ギルクラ」 の主題歌を選ばせていただきました。
「EGOIST」 は作中に登場するアーティストなのですが、supercellのryoさんが
プロデュースし1クール目ではエンディングテーマを担当しており、
2クール目はオープニングテーマを担当。「supercell」 というブランドも光る中、
ボーカルのchellyさんの歌声、ロックテイストな疾走感。シリアスな歌詞が
作品をイメージしていることはさながら、冬季アニメの中では
最もオープニングの背景にマッチされているなあと感じ
次々と移り変わっていく 「今」 「一瞬の時間」 なんかも大切にしなければならないと思い。
またエンドレイヴの出撃シーンは個人的にワクワクというか興奮するものを覚えました。
この疾走感を出していく曲作りも大変だと思うも自分好みのサウンドになっていて高評価。

最後にビブラートを伸ばすところは鳥肌! またキャラクターが次々とポーズを決めていく構図
瞬間的にキャラクターが登場していく描写はオープニング挿絵でも高評価の部分。

アニメの感想は。1クール目での話から2クール目突入からすぐ話が動いていったこと
どんどん物語がシリアスになっていく中、友情や猜疑心に駆られていく集。
危機的困難になった時、必要な人間以外は切り捨てていかなければならない状況でも
みんなを救いたい、みんなで生きたい、そして大切な人も守りたい という主人公の思い。
そして大切な人と運命に立ち向かっていかなければならない。という
やっぱり純粋にアニメっぽい要素もあり、ただリアルな日常だけでも駄目、
厨二っぽくても駄目なんだ。というのも意識しながら観ていました。

「人間関係」が歪んだり 「差別」 があったり 「厨二」 っぽいと言えば言い方は悪いですが
作中のテーマも多く、アニメらしくて面白かったアニメです。


I'LL BE THERE FOR YOU

ICHIKO

「ゼロ魔」 シリーズ第4期ファイナルシリーズ、『ゼロの使い魔F』 のオープニングテーマ
歌うのは、全シリーズのオープニング主題歌を歌ってきた。ICHIKOさん

ファイナルの 「さよなら」 ではなく、「さぁ次へ」 と、続きへ進むチャレンジを描いた一曲。

作品は 「ファイナル」ですが、最後のさびしさも吹き飛ばすようなスタートの曲にも思える
一人では進めないけど一緒になら超えられる! とメッセージ性の強い曲。
一歩を踏み出せない人や、悩んでる人にはもってこいな応援ソングのような。
むしろ 「応援されたい曲」 な気もします。

僕らならできる 傷ついて乗り越えて 心から笑って 新しい世界へ Go with me!
とにかく歌詞は優しくて、ICHIKOさんの歌声が力強い!
オープニングテーマを収録したCDも1曲で満足できるのでは?

原作も2012年発売の第22巻で遂に完結してしまい。長編だったのですが
完結が寂しいですね。釘宮さんの代名詞である 「ツンデレ」 も炸裂し
ルイズもシャナもやっぱり釘宮さんです!


良かったエンディングテーマ

STUDY × STUDY

StylipS

TVアニメ 「ハイスクールD×D」 のエンディングテーマ。
新人声優の小倉唯さん、石原夏織さん、能登有沙さん、松永真穂さんの4人組ユニット
元気よく全体的に疾走感のある曲になっていてテンポも良く、息もピッタリ。
歌詞を速いテンポに詰め込んでいるところが個人的には好物。歌詞にも詰め込まれている
「勉強 (Study)、勉強用具」 はやっぱり学園モノのタイアップにはもってこいの
重要なアイテムです。

一番の魅力は、「今ドキのアイドルらしい楽曲」 だということ。
元気いっぱいで、ノリノリで歌えることは勢いになりますからね。
この曲でユニットデビューする 「StylipS」 ですが、デビューにふさわしい曲だと思います。

余談ですが、「初音ミク」 のダンス動画でおなじみ、メンバーの小倉唯さんが
サビの振り付けを担当しており、テンポの速いサビにキレのあるダンスがマッチしていて
また一つの魅力になっています。


バカでスケベな高校生、兵藤一誠が、ハーレムを目指します!
あまりハーレム作品は好きではないのですが、むしろ自分から 「努力、友情、勝利」 で
ハーレムを目指すバカな主人公はそうはいないなと思いました。
努力する気持ちが本物なのが、「幸せになれよ・・・」 と声をかけたくなります。


Lovely Girls Anthem

麻生夏子

TVアニメ 「探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」 のエンディングテーマ。
エンディングの世界観は 「良い匂いのする女の子たち!」 という雰囲気 (笑)
女の子たちが自ら女子力を高めていくような感じで、もっと女の子らしくなりたい!という
「目指せ女子力アップ!」 な感じも表現されていて
少女キャラが多いこの作品ならではのエンディングテーマだったと思います。
1期はアルセーヌ様のインパクトが凄かったので・・・
2期ではほんわかな女の子の世界観のエンディングテーマでした。

アニメの感想は、1期に劣らず 「おバカでネタ満載なコメディー」 で笑わせていただきました。
知っているあのネタも登場したりと、とてもカオスな展開も面白く
ミルキィホームズたちは探偵をしなかったり、怪盗帝国もいざこざあった2期でした。
売り上げ次第では3期に期待したいですね。純粋にバカな作品はやっぱり必要。




その他良かった主題歌

Happy Girl

喜多村英梨

TVアニメ 「パパのいうことを聞きなさい!」 のオープニングテーマで
アニメにも出演している喜多村英梨さんのスターチャイルド第3弾シングル。

喜多村さんがいろいろな衣装で登場したり、ツインテなどを拝見できるPVもさながら
これまでの曲とはまた調子が違った曲になっていて、キャッチーなサビも可愛く
喜多村さんはキャラクターを生かしたポップ系の曲が似合っているような気がします。

実際に演じているキャラクターもお年頃の女の子ですが。
この曲では 「年頃の女の子の気持ち、好きな人や、憧れの人との妄想や、想い」
歌詞から伝わります。女の子らしい曲なのが印象的でした。
甘々な歌い方、リズムなどもツボってしまい。口から勝手に出て行ってしまいます。

アニメは、大学生の瀬川祐太が小鳥遊三姉妹を引き取り一緒に共同生活するお話ですが。
思春期で女の子としての魅力も感じるの長女、次女との生活は気遣うところもあり大変で、
幼い三女は父性本能を掻き立てられるところもあって優しい気持ちに (笑)
しかし、若くして子供の世話は体力もいり大変なことだと考えさせられます。
現実とアニメは違います・・・が、とっても心温まるアットホームなラブコメになったと思います。


Check my soul

azusa

TVアニメ 「アマガミSS+ plus」 のオープニングテーマに起用された曲。
azusaさんは作詞・作曲、さらに編曲にも参加しており。
同アニメエンディングテーマも担当しておりとても忙しく制作も大変だったと思われます。
しかしピアノで始まるイントロが良くて、サビでの合いの手として掛け声も良く
楽しい曲というイメージ。なんといっても 「青春の甘酸っぱさ」 を感じる
爽やかだけどパワフルな曲になっていました。

アニメの感想は第一声。「純一が超羨ましい!」
恋愛シュミレーションゲーム原作TVアニメ 「アマガミSS」 の第2期作品で
1期でも十分変態紳士だった純一ですが、彼も彼なりに苦労して頑張ってると思うと。
彼を応援すると共に、ぜひお近づきになりたいです。
むしろ純一だけに 「好きな女の子のためには純粋で一直線!」 というところには共感でき、
参考にはならないのですが、それが観ていて面白いところの一つでした。
アニメの楽しみ方として好きなキャラのパートを楽しみに待つと共に
ほかの女の子たちの 「あれから」 も観ることができていい2期だったと思います。
ちなみに一番好きなキャラは棚町薫です。


月と太陽

雪小路野ばら (日笠陽子)、反ノ塚連勝 (細谷佳正)

TVアニメ 「妖狐×僕SS」 第7話エンディングテーマに起用された曲で
タイトルのように、「野ばらと連勝」 と2人は対極な性格をしているのですが
息ぴったしで信頼しあって、お互いを支えていけるような風にも思える。
「主人とSS」 というキャラクターの設定で歌う曲としても印象は良くて

野ばらの妄想を連勝がツッコんでいく歌詞なのかと思いきや、
「オシャレ感100%」 な曲になっていてゆったりした日々を歌っているようですごく良かったです。
エレガントな感じもするし、淡くて爽やかで繊細な感じもしました。

細谷さんはストリートミュージシャンをしていたこともあり歌は上手で
日笠さんも 『けいおん!』 シリーズを介して曲を聴くとお分かりですが歌が上手な2人で、
エンディングテーマCDがBD/DVDに収録なのが勿体無いくらい。
「ギャップ」 ってすごいことを感じた1曲でした。

アニメの感想として毎週書かせてもらいましたが、「ラブコメ」 を全く感じさせない
主人に忠誠を尽くす一生懸命なSS (御狐神くん) を見ました。
キャラクターはどれも一癖もふた癖もあって本当に個性豊かで、
インパクトの強いキャラも目立ち最後まで楽しめる作品になっていました。
原作も読んだのですがまだまだ続けられるかな? 感じでぜひ2期が楽しみです。

長くなりましたが、ぜひ聴いてもらえると嬉しいです。

| ちはや » アニメ感想 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1479-8b4eba8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT