ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第二話 「名誉ある古典部の活動」

古典部OGである姉の薦めで奉太郎は古典部に入部することに。
「やりたいこともないんでしょ」 と姉からも思われてない・・・?

古典部に入って1ヶ月が経ち、
部室はいつの間にか奉太郎にとって来やすい場所になっていたみたい。
しかし部活動らしい活動をしていないことに対してえるは 「不毛!」 と講義。


氷菓 第二話 「名誉ある古典部の活動」


氷菓 第二話 「名誉ある古典部の活動」


部活動をするために、神山高校の文化祭での文集を書くことに。
消極的な奉太郎ですが、「歴史もあって続けてほしい」 という声にしぶしぶ承諾。


過去の文集が見つからず図書館へ―
図書館で摩耶花に出会う。奉太郎と里志の中学時代の友達で奉太郎とは腐れ縁・・・?

文集を探す傍ら、摩耶花からの不思議を解決してほしいとのお願い。
「貸し出しと返却が同じ人」 しかもそれが5週間も続いており、愛無き愛読書の秘密。

拒絶や言い逃れはエネルギー効率が悪い

偶然だといえば解決してしまうことなのだが
真実を見つけるのではなく 「える」 を納得させられるか? 奉太郎の推理はいかに。


本からはシンナーの臭いがすると異常な嗅覚を発揮するえる。
そして美術室に行くように遣わせるが、

不思議な空間にて 「薔薇色コース」 「灰色コース」 を選ばせられた奉太郎。
どうやら奉太郎が省エネ主義を貫こうとすることは
「灰色コース」 を進んでしまうことになるのかも。

美術室は本と同じ臭い、本を借りた人達が一同に集まって行う授業は 「芸術科目の美術」
絵のモチーフに使われ、さらに毎回授業のたびに借りられていたのですね。


みんなは謎が解けたことに喜びますが
奉太郎はみんなと同じ風に盛り上がれずにいた。

価値観の違いを感じているのでしょうか・・・
それとも省エネをしていたことで達成感を感じないのでしょうか・・・

そしてえるは 「収穫もあった」 と意味深な一言。


日曜、えるは奉太郎に話したいことがあると喫茶店へ。
えるの用とは・・・告白?


今回も謎を解き明かした奉太郎。
しかしみんなと何か別の思いを抱いていること、えるの秘密。
謎は意外なところから・・・

| ちはや » アニメ感想 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1517-df93e73d

TRACKBACK

(アニメ感想) 氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピ...

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2012/05/02 16:19 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT