ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

氷菓 第十話 「万人の死角」

入須にお茶を誘われた奉太郎は、2年F組が自主制作した
映画の犯人役志願から意見を聞き代弁する仕事を任され、
「妙な期待は困る」 と言ったものの3人の意見を拒んだ奉太郎。

入須はもとから3人には期待はしていなかったという。
える、学外の人間、遠垣内の3人を考えていたが
奉太郎の活躍に目を惹き依頼したという。

折木君、君は特別よ

自分は特別なのか? と入須を信じてもいいのか戸惑う奉太郎。

心理フェイズですね。


氷菓 第十話 「万人の死角」


氷菓 第十話 「万人の死角」


自称、義に厚く情に厚い奉太郎。

自分の能力を入須に買われましたが、里志には里志にしかできないことがあるか?
という質問にも里志は 「ないね」 と即答し 「僕には才能がない」 ときっぱり。

それでも奉太郎は里志のことを里志が思っている以上に高く買う。
素質のある人間だと言いますが

羨ましいばかりだ・・・全く

なんだか忌み嫌うような口ぶりに少し引っかかりますね。


自主的に学校へ出向き、真相を推理しようとする奉太郎ですが
里志は留年を懸けた補習へ、摩耶花は図書委員の仕事へ
奉太郎が一人で謎に挑みます。

独特な演出の中、これまでのシーンを考え直したり
部分的に引っかかりを考えたりと奉太郎の集中力を見習いたいですね (笑)



入須を呼び奉太郎は自分の推理を伝える
キーは密室だが、殺した犯人はあの登場人物に紛れもう一人

あの場には7人目がいた

沢木口の意見を借りるようだが怪人や化け物ではなくれっきとした
登場人物がが犯行を行ったと推理。

正直、映画はつまらなく、演出も悪くてカメラワークがなっていない。
しかしそれが理由のあることだったら・・・?

カメラワークが悪いカメラマンは常に登場人物と同じ立ち位置で撮影していた・・・

第七の登場人物は 「カメラマン」 ということになる。

しかし入須も不思議に思ったところがある
7人目の登場人物でありながら他の人から話しかけられない点。
これには奉太郎が 「無視される存在」 であったと解釈。
犯人はすぐに分かるはずと非協力的であった7人目はなぜ疑われなかった点。

沢木口の言葉を借りると 別にいいでしょうそれくらい

犯人を登場人物がすでに分かりきっていたとしても
観客が謎に悩みさえすればそれでいい

だから探偵役がいない・・・犯人は明らかだからです。


入須も納得する推理をした奉太郎は未完だった映画の
タイトルをつけさせて貰えることに・・・タイトルは 「万人の死角」


いいオチだったと探偵役志願者からも絶賛される推理だった。
里志も納得したようですが、麻耶花が辛辣な雰囲気。

あの解決は全て奉太郎が出したの?
じゃあ奉太郎は羽場先輩が言ったことをどう考えたの?
あの映画の中には一度もザイルが出てこなかったわよ。



奉太郎も唖然・・・。 一体奉太郎は何をしたのか


珍しく意欲的に行動した奉太郎に待っていた 「何か」
好調だった推理にもボロが出始めたのでしょうか・・・?

そして今回の話で奉太郎の心境などにも微妙な変化があったような気がします。
里志の心境もえるが言いかけていたことも気になります。
スランプにならなければいいですけどね。

| ちはや » アニメ感想 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/1593-772a4f69

TRACKBACK

氷菓 第10話「万人の死角」

氷菓の第10話を見ました 第10話 万人の死角 「何か?」 「あ、いや、茶というのが本当にお茶だとは思いませんでした」 「安心して、払いは持つよ」 冬実から思わせぶりな態度でお茶に誘われた奉太郎は...

| MAGI☆の日記 | 2012/06/26 08:01 |

まとめtyaiました【氷菓 第十話 「万人の死角」】

入須にお茶を誘われた奉太郎は、2年F組が自主制作した映画の犯人役志願から意見を聞き代弁する仕事を任され、「妙な期待は困る」 と言ったものの3人の意見を拒んだ奉太郎。入須はもとから3人には期待はしていなかったという。える、学外の人間、遠垣内の3人を考えていたが...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/26 17:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT