ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない

探偵ミルキィホームズおもしろいですねwwww
メインの4人もおもしろいんですがなんといってもあのトゥエンティwwwww
露出狂/変態ですねwww ギャグアニメだったとは・・・・・・

これからも期待ですwwww

最後に―

小衣ちゃん、マジ刑事

小衣ちゃんゆうなー!!

感想書きましょう

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」



俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない

アニメの打ち合わせに行く桐乃、さすがながら緊張しており
黒猫と沙織に一緒に着いてきてもらおうと頼む ・・・・・それにしても

素直じゃないね(笑)

あなた珍しく気後れしてるのね。
それが私にとってプラスになるのかわからないけれど今日は
偶然時間が空いてるから付き合ってあげてもいいわ。自分の幸運に感謝しなさい。


こっちも相変わらず素直じゃないね(笑)

そして打ち合わせへ―
声優、音響、キャラデザ、設定など色々細々と・・・・・・・・・・・
細かすぎるだろwwww
今後の方針まで見据えている桐乃ですが、
アニメは桐乃の頑張りだけでできるものでもなく・・・・・・・・・・ 色々修正される

アニメ化への道のりは遠く険しい・・・
桐乃の考えも全部が全部受け入れてもらえるわけもなく、ほとんど却下へ・・・

そして桐乃帰宅―
なにやら足元がおぼつく、京介が駆け寄るもどうやら疲労からの熱みたいですね

次の日、京介は黒猫たちから打ち合わせについて聞かされる
アニメ素人の京介はアニメ化ってのは簡単なものなんだろと思われますが、
一人の意見を通すことは限りなく無理なんだそうです。
さらに沙織が調べた情報によると桐乃の作品は元々あった作品がキャンセル
・・・・・・・穴埋めに製作されるということを聞き、京介は
打ち合わせに参加することに・・・

そして現実を知りましたね―

我々はフィルムを作ることが仕事、作者を喜ばせるものじゃない。
あなたにとっては妹でもこっちとしては仕事の相手


桐乃の設定を大幅に改編しようとするスタッフ達・・・・・
あああああああああああアニメって難しいいいいいいいいい!!

しかし、黒猫が口を開きましたね
結局逃げるの?この負け豚。
ご大層に言ってるけどつまりは発想が貧困だから
自分の得意分野に持ち込もうとしてるだけじゃない。
じゃああなたの方法論が正しいなんで誰が言えるの?
文句をグチグチ言う暇があったら原作本を読み返しなさいな。


黒猫先生のご指導ですねwwww

でもその小説がつまらないことには同感だわ
設定はバカだし、物語は行き当たりばったしだし
文法はメチャクチャだし、なのにベストセラーですって?アニメ化ですって?
バカバカしいわ。ふん、冗談じゃないわ。その尻馬に乗ろうとする
出版者も、メーカーも、スタジオもみんな潰れればいいのよ。


黒猫・・・・・・・・・珍しく怒ってるのかな。自分ももし小説が売れて
アニメ化したとか思うと裏の現状がこんなで腹が立ってるのかな。

私だって何年も勉強して投稿してきたのに悔しいわ、羨ましくて、妬ましい

黒猫は京介にも問いました―
なんで妹ばかり― と思ったことはない?

スポーツもできて勉強もできて仕事もできる・・・・
妹ばかり注目されている・・・・・と京介も思っていたのでしょう。

俺は桐乃が大嫌いだ。だけど妹が悲しんでたら俺はこうするしかねぇ!

京介は土下座までして、桐乃の思いを伝えようとしました
もう毎回いい兄です。桐乃は気づいていなくても裏で兄貴は
「いつも妹を支えているんだ」 と言ってあげたいですね。

どうか頼む妹の意見を聞いてやってくれ。
そいつは俺の妹が一生懸命書いたものなんだ、すげぇ頑張って書いたものなんだよ、
あんたらアニメのプロなんだろ?だったら本気見せてくれよ!
このままじゃ俺の妹がアニメに、大好きなものに幻滅しちまうんだよ!!
あんたら全員の頑張りをみせてくれよ。


そして企画は保留・・・ということで桐乃の意見も取り入れられるかも知れません。

打ち合わせも終わり、ホッとする京介―
まさかアニメ化がここまで大変なことなんだなと京介自身も思ってるんでしょうね。

そこへ黒猫からまたまた問われる京介―
いい機会だから聞いておくわ、貴方どうしてあんな邪見にされてまで妹の面倒を見るの?
俺にも分かんねぇよ
シスコン?マゾ? 
違ぇよ!!

兄妹だからじゃねぇの?

いい兄ですねw 良兄です。

ある日、自分の意見も通っている企画書を見て喜ぶ桐乃
裏で何があったのか、桐乃は知りませんが
京介から見ると桐乃の笑顔が見れてよかったことでしょうねww

あのさ、、人生相談・・・・・・・・・ 次で最後だから

京介も驚きますよ、そりゃ。


この話、原作を一部変更でアニメオリジナルになってます。
もっとシリアス?な感じになってるのでそちらの方は原作でお楽しみください。

今回も京介の妹愛が目立った回でしたが、黒猫もいい立ち位置に
いましたね。自己作中しようとするスタッフを説得したりと、
桐乃の頑張りも知ってるかのように (実質頑張ってるんだけど)
桐乃の代わりに意見をするっていう友情が見て取れました。
兄を持つのもいいけど友をもつことも同じくらい大事ですね。

| ちはや » アニメ感想 | 03:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/785-8487d575

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT