ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしドラ 第2話 「みなみはマーケティングに取り組んだ」

毎日放送される、もしドラ 第2話

全10話でどこまで描ききれるか、そして程高野球部は・・・

全10話で甲子園を目指すというより、全10話でドラッガーさんの 「マネジメント」 を
理解できるかということのほうが大切だと思うんですよね。

もしドラの本質は、「マネジメント」 の簡略理解にある―

ああ・・・ 訳わからんわぁ~

「マネジメント」 は実は結構分厚い本らしいですよ。


もしドラ 第2話 「みなみはマーケティングに取り組んだ」


もしドラ 第2話 「みなみはマーケティングに取り組んだ」

程高野球部のエース、浅野慶一郎は珍しく練習へ・・・
程高野球部監督、加地監督。

目を背ける2人・・・ そして帰ってしまう浅野

2人がこんな関係になったのは夏の予選―
ショート桜井のエラーをピッチングで取り戻そうとしていた慶一郎を
加地監督は、ピッチャーの状態を考えて交代させた―

それにふてくされ、慶一郎は監督との距離をおくように・・・

今回みなみは 「マーケティング」 について夕紀と話し合う―
マーケティングとは・・・

真のマーケティングは顧客からスタートする。
すなわち、現実、欲求、価値からスタートする。


「我々は何を売りたいか」ではなく、「顧客は何を買いたいか」 を問う。
「我々の製品やサービスにできることはこれである」 ではなく、
「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである」 と言う。(抜粋)


とのこと
野球部員へのマーケティングの手段として「お見舞い面談」を実施しようと考えたみなみ。
そこで、彼らとの付き合いが長く、話し上手な夕紀に一人ずつ夕紀の病室に呼び出し、
お見舞いがてらに話を聞き、部員の現実、欲求、価値を聞き出せないかと考えた、

部員みんなは様々な欲求や価値感などを持っていました。

慶一郎もやってきて、みなみはつっかかりにくそうな人かと思っていましたが
案外気さくな人でした。(人は見かけによらないね。)

しかし監督の話になると、慶一郎は、口を開きっぱなし
そうとう監督のやり方が気に入ってないみたい・・・

みなみは加地監督にも話を聞く―
慶一郎はフォアボールを出していたことは知っていたし、
慶一郎は疲労で運動量も変化していた。
「フォアボールを出したくて出すピッチャーなんていない」 といい事も言っていた。

そして秋季大会―
0-0で終盤を迎え、夏の大会に続き再び桜井がエラー
チームの雰囲気が悪くなるも慶一郎は夏の大会と同じように、
ピッチングで取り戻そうと奮起する。

加地監督も慶一郎の状態は分かっていたが、選手交代はしなかった―
そして、慶一郎はフォアボールを連発、ホームランも打たれ程高も敗北


試合後の反省会―
「いい試合だった」 と加地監督は言いなだめる・・・が
みなみは 「それでは駄目だと・・・ 監督が内心思っていることを伝えないと。」 と思いますが、
そこへキャッチャーの柏木は 「慶一郎の球を受けたくない」 と断言
慶一郎が腐ってわざとフォアボールを出すのが気に入らないという。
エラーは仕方ないけど、それでフォアボールを出すくらいなら取りたくない・・・
チーム内の雰囲気はさらに重く・・・

そして頭もキレる、加地監督が口を開く―

「フォアボールを出したくて出す投手なんていない!」 と慶一郎を擁護―

監督は、慶一郎の気持ちを実はわかっていたのかな。
監督の言葉に、慶一郎も悔し涙ですかね、瞳を濡らす慶一郎・・・

これをきっかけに、加地監督と慶一郎の関係がよくなればいいですね。
その傍ら、みなみのマーケティングの活躍もあったことを忘れてはいけません。


慶一郎は朝練にも顔を出すように・・・ 顔が活きてる!って感じ
慶一郎は成長しますね、そして程高は甲子園を目指して、
大きな負けは喫したもののこれが第一歩です。

| ちはや » アニメ感想 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/932-0ddd980a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT