ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしドラ 第5話 「みなみは過去の高校野球を捨てた」

ようやく半分、されどあと半分。

加地監督は、「ノーバント・ノーボール作戦」 を発動し

高校野球界にイノベーションを起こせるのか・・・


もしドラ 第5話 「みなみは過去の高校野球を捨てた」


もしドラ 第5話 「みなみは過去の高校野球を捨てた」

「ノーバント・ノーボール作戦」
全球ストライクで勝負、ボール球は投げない、送りバントはしない

投手からすると、三振は取りずらい作戦なのであります。

夕紀のお見舞いに行くと、祐之助が面談でもないのにいて・・・
祐之助は夕紀が好きなんですかね (笑)

そして夕紀は手術を行うとのこと・・・
夕紀もうかうかしてられないと自覚しており、

一緒に甲子園へ行くために―


幼いころ野球好きだったみなみ―

プロ野球選手になれる? と

女の子ながら大きな夢を持っていました。しかし小学校6年生になって、
周りの男の子は体も成長し、みなみはレギュラーから外されてしまい、
プロ野球選手の夢も諦め、野球も辞めてしまった。

大好きな野球に裏切られたと感じたみなみは悲しんだが、
そんなみなみを支えてくれたのが、夕紀だった。

幼馴染の次郎も、みなみの野球嫌いは知っており。
しかし、みなみのおかげで野球部が変わったということもよく知っていた。

みなみのおかげで野球部は変われた―


中邦大学との練習試合―
「ノーボール・ノーバント作戦」 を実行するには絶好の相手
大学生相手に先発は慶一郎、やはり大学生は大きいと実感

ストライクを投げるにあたり・・・
打たれても構わないという精神。それには意味があって

ストライク (打ちやすい球) を投げるということはその分打ち返されるリスクが増える。
そして、守備陣が重要。しかも前進守備である。これもエラーを恐れないことが重要


「エラーを恐れない」
「連鎖反応でエラーを繰り返さない」
「消極的な守備をしない」


これが 「ノーバント・ノーボール作戦」 における守備陣の鉄則

試合において、ピッチャーの敵は打者だけではない
「疲れ」 もピッチャーの敵である


投手の投げる時間を短くする・・・ストライクをとり打たせて取る。
それに守備陣の鉄則を加えること・・・

チームに必要なのは 「守備力の強化」 ですかね。

試合は序盤に大量得点されほぼ負け状態ですが、
回を重ねるごとにエラーが減っているときづいたみなみ

そのころ夕紀も手術で頑張っていた―
これは野球部も頑張らなくちゃね。

「1点とる」 程高の新しい目標―
ランナーが出塁し、通常ならバントで送るところもヒッティング
スクイズのケースであってもヒッティングと常識を覆す作戦。

そして、チームは惨敗でしたがみんないい顔。
夕紀も写真をみて元気になったかな?

イノベーション・・・それまでの常識を覆して新しい価値を生み出すこと

まだまだ荒削りですが、「ノーバント・ノーボール作戦」 の形もでき
程高、甲子園への一歩を踏み出しました。

| ちはや » アニメ感想 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/938-1d6133c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT