ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

劇場版 マクロスF 恋離飛羽~サヨナラノツバサ~ 鑑賞

当ブログメンバーのきせきさん、うえっぴさんと
この間、 「劇場版 マクロスF 恋離飛羽~サヨナラノツバサ~」 を観てきました。

「劇場版 マクロスF 恋離飛羽~サヨナラノツバサ~」 は2009年11月21日公開された、
「劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」 の続編にあたり2011年2月26日に
公開されました。

そして、live in 地域にて2ヶ月遅れでようやく上映されましたんで観に行ってきました。


鑑賞要点や感想は続きにて (おそらくネタバレしてますが大丈夫な方は・・・)


2人の歌姫
とりあえずしょっぱなからシェリルのライブシーンがド派手でした。
シェリルはアニメ版でもそうでしたが病気にかかっており
歌うのも辛いほどの進行具合、そんななか歌い続ける彼女は
まさにマクロスFにおける歌姫だなあと思いました。何よりも歌いつづけたい。

歌うことをやめれば自分の存在意義がなくなってしまう―

つまり本当に 「歌」 のことを愛している歌手なのでした。
そのうちどっかのガンダムパイロットみたいに 「私が歌だ!」 とか言いかねない・・・
いやそれでも、自分自身が 「歌」 だなんて素晴らしいと思います。


一方、もう一人の歌姫ランカは、自分を連れ去ったバジュラには
虫や木や花と同じよう「感情」 があるんだ。と
アルトに言いますが、アルトは否定していましたが、
実際にバジュラに接触したランカには何か感じたものがあったんですかね。
しかしそのヴァジュラにないはずの 「感情」 はクライマックスに重要な役割を担うことに・・・


空中戦
マクロスといえば、やはりカッコいい空中戦!
目まぐるしく飛び回るバルキリーやバジュラ、そして臨場感のあるCG戦闘。
アルトの技術や戦闘力ももちろんですが、キャラ同士の協力も
空中戦で行い、フォーメーションなどの動きもカッコよくて
たくさんあるロボットの戦闘と似て非なる部分がありますね。
その空中戦はスクリーンでも健在でした。むしろスクリーンだからこその大迫力がありました。
またTVアニメ版では細かく表現できなかった動きなどが劇場版では数々ありました。
例としてマクロスクォーターが砲撃したときの足場の沈みや地割れなどですかね


歌の力
マクロス要素の一つの 「歌の力」
戦闘中の歌での支援や応援はマクロスFにはかかせない?
歌によりバジュラの運動量も落ちますし、パイロットのモチベーションも上がる気もします。
「この歌は・・・!」 って感じてアルトも集中力が上がりますしね (笑)

日々、生活していても 「歌」 に元気をもらっていることはたくさんあります。
自分もそうですし、やっぱり 「歌」 には人を強くする力があるんですかね。



よかったところ
ランカが慰問ライブで 「星間飛行」 を歌った際、おなじみのフレーズ 「キラッ☆」 の場面で
「みんなも~」 って振ってきたとき、思わず自分も
「キラッ☆」 とつられてやりそうになりました (笑)
さすが、大画面と大迫力・・・ 家のテレビじゃつられないところですよ (笑)

あと、ライブでミシェルたちが着てたコスチュームって・・・「マクロス7」・・・?

そしてサプライズも・・・
ワンカットで 「マクロスプラス」 のイサムが登場していました。
イサムはSMSに入隊してたんですかw プラスファンの人もテンションあがりますねw

やはりマクロスは、「戦闘」「歌」「恋愛」 この三拍子だと思うんですが
マクロスFは特にこの三拍子が大事なのでは?と思います。
まさにトライアングラー

なのでこの3つに分けると
アルトとブレラの対決!TVアニメ版でも2人は戦いましたが
劇場版での戦いはスクリーンで大迫力の中、壮絶な戦いでした。
また、全身がインプラントという技術で改造されていたブレラが自力でシステムを解除し、
「もうお前達の操り人形ではない!」 というセリフには熱い何かを感じました。
共闘したときには作戦成功のためにアルトのために突破口を切り開いたりするシーンで
負傷している体で操縦しているブレラがすごくよかったです。
そしてアルトの叫びも相変わらずよかったです。

ランカの新曲である 「放課後オーバーフロウ」 が挿入歌として起用され、
大切な人に必ず帰ってきてほしいという思いがよく表されていました。
これもまた良い曲なんだよな・・・・・

さらにシェリルとのメドレーはアルトたちが交戦しているのをすごく盛り立てていました。

ランカはアルトに自分の思いを伝えますが、アルトはそれを保留。
幼いころに会っていた少女がシェリルだと知ったことでお互いを理解

「少し遅いかもしれないけれど、俺はお前のことを愛して―」

アルトはホント、カッコいいです。

最終的にはシェリルと結ばれたのでしょうか・・・
もしそうであったなら完結編にはふさわしいお話です。
TVアニメ版に「もし」 を追加し完結した、この作品ですかね。


本当に、興奮したり感動したりとシリーズを通してよかったなぁと感じます。

| ちはや » アニメ感想 | 03:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/943-3c3b88dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT