ALLIANCE SEVENTH

7人で書くブログだった。過去形。今はもう2人しか書き手がいない。主にアニメ、ゲーム、漫画に関することを書いていきます。カテゴリ名=名前です。

日々物語 声優 アニメ感想 描きました ラノベ・漫画 アニメ ゲーム
GIFアニメ 創作物 ゲーセン等・戦利品
TAB譜
リンク紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」

5月5日は歌手の中川翔子さんのお誕生日でもあるんですよ。
おめでとうございます。

その中川翔子さんが歌う14thシングル 「つよがり」 が2011年6月8日に発売予定

この曲は、読売テレビ・日本テレビ系列で放送されている

「べるぜバブ」 のエンディングテーマに起用されています。

いい曲ですのでぜひ聴いてみてください。

そういえば青空デイズが好きでしたあの頃。
2007年の紅白歌合戦でも青空デイズを披露していました。


また話がずれた、もしドラは感動の第9話でした。
見ていて勉強になるところもありますね。


もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」


もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」

夕紀ーーーーーーー

人だかりの先は・・・ 宮田夕紀の病室だった。

遅かったじゃない― 幼馴染の次郎が病院にやって来た時
みなみはすでに困憊していた。

今夜がヤマ・・・ そう告げられ、夕紀を元気付けるためみんなが集まる

夕紀― 息はしていないが耳は聴こえる・・・
みなみは話しかけますが、夕紀の母親はもう諦めている・・・

何言ってるのか全然分からない―

未だに現状を受け入れられないみなみ、

ねぇ夕紀、嘘だよね。冗談だよね。まだ諦めてないよね。

意識はありませんが 「頑張れ」 と呼びかけ続けるみなみ
それを見て、程高野球部も涙。

無名の弱小校が甲子園まであと1勝
奇跡なんかじゃない、一生懸命頑張ってきた。

みなみの問いかけに夕紀の母親が口を開く―
去年入院したとき、「余命3ヶ月」 と言われていた。
それでも夕紀は懸命に頑張ってきた、生きてきた

あなたが夕紀の最後の人生を光り輝かせてくれた。

病気と闘って、1年も生きてきたことを認めてあげてほしい―
もう闘えないかもしれないけれど許してあげてほしい―


みなみは夕紀にしたことを思い出した―
大事なのは 「プロセス」 じゃなくて 「結果」
しかし夕紀は 「プロセス」 を大事にしたいと言った―


でもそれはマネジメントにとって真摯さにかけると、みなみは反対した―

私なんてことを言ったんだろう・・・

自分が夕紀の体調を崩すようなことを言ったと思い込むみなみ
あの時、夕紀が寂しそうな顔をしたのはみなみと意見が対立し
マネジメントに固執したみなみと分かり合いたかったということなのだろうか

次の日、 宮田夕紀は亡くなった―

夕紀は病気のないところへ行った・・・


夏の大会決勝戦―
僕たち野球部にとって大切な人が亡くなった。
彼女のために決勝を勝って、甲子園へ行こう と野球部は気合が入りますが・・・

夕紀のために戦っても意味はない―

みなみの一言に次郎は反感、夕紀を失ったことでみなみは気持ちが不安定・・・

夕紀のためにマネージャーになった、マネジメントをしてきた

そして、自分が野球嫌いだということを告白した―

本当は野球が世界で一番大嫌い!
憎んでいる、真摯さもへったくれもない!


その言葉に怒りをあらわにした次郎が頬をたたく・・・
それを見た慶一郎は次郎を殴り、チームは険悪に・・・

しかしみなみに二階はやさしく告げる―
みんな知ってた。みなみが野球嫌いだということを
だから部員は驚きもしなかったのだ。

夏の予選の前のお見舞い面談で夕紀から知らされていたのだった―
みなみが野球嫌いで憎んでいるということを。

昔と同じように自分だけが知らなかったことを悔やみ、飛び出してしまうみなみ

甲子園なんて、野球なんて、意味がない―

しかしみなみは夕紀の言葉を思い出す―

野球部に入ったらまたあのときと同じ感動に出会える

それでも野球のことを忘れようとするみなみに追いかけてきた文乃が
現実から逃げちゃだめ!と伝える

そしてみなみは球場に向かう―


6回まで3-0
春の甲子園出場校相手に善戦・・・
このまま進むと負けてしまうかもしれない・・・ そこで加地監督は決意

俺たちがしてきたことを見せてやるんだ―

慶一郎が捕まり始め、ボール球も増えてくる。
追加点も奪われ、チームに重い空気が・・・
まさにピンチ到来・・・ そこへ突然のタイム

二階がやってきてベンチを振り返る。

ベンチにはマスク姿のみなみの姿があった―

なんでマスクなんかしてるんだ?お前がぶったからだろ、俺もぶたれたさ

2人のトークにナインにふっと笑顔がこぼれる、活気が戻ったみたいです。
それでもピンチは続く・・・

頑張れ!頑張れ!みんな頑張って!!

そして慶一郎は投げる― 決勝を勝つために、甲子園へ行くために

みんな頑張って!ー---

そしていよいよ最終回― 今回のお話も感動でしたが
最終回はさらなる感動が待っているのでしょうか。
っていうか原作小説より感動しますね。

アニメってすごい!

| ちはや » アニメ感想 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlessseven.blog28.fc2.com/tb.php/951-ef71eb37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT